腰痛がきつい介護職の方にほど使ってほしいマットレス

仕事としてホームヘルパーをしていたり、
またそうでないにしても介護の現場にいるとキツのが腰痛です。
精神的にどうかという話はおいておいて、体力的な問題はけっこう腰に来るのが実情として多いのではないでしょうか。

腰への負担が来る場面は意外と多いのは経験者ならわかると思いますが、
これからも元気に介護やホームヘルパー職を続けるために大事なのが腰痛のケア、ということになります。
ここをおろそかにしている方、多いのではないでしょうか。

で、私のおすすめは1日で大きな時間を占める睡眠中の腰痛ケアであり、
これはマットレスや敷布団で何とかしよう!というのが一番ではないかと思います。

最近はマットレスにもいろんなメーカーがいろんな商品を出していますが、
特に腰痛に特化したものがあってこういうのを使うとだいぶ腰が楽になります。
お値段的には3万円~5万円が相場ですが、この出費は腰痛持ちの介護職の方には頑張って出してほしい金額ですね!

では実際に何がおすすめかと言いますと、けっこうインターネット上でも評判になっているモットン、という商品になります。
ホームページを見てもわかる通り、完全に腰痛対策にフォーカスしているのがわかると思います。

で、実際に寝てみるとけっこう堅め(高反発タイプなので当たり前ですが)で、
最初は戸惑いもあるかもしれませんが慣れるとホントに腰への負担が和らぐのが実感できるはず。
特に朝起きた時の腰痛、これが無い、もしくはだいぶ楽、という状態ですよね。

これに慣れると低反発系のマットレスや寝具やちょっと使えない!
そんな感じになってしまうと思います。

※他にも雲のやすらぎやエアウィーヴなど、ちゃんと反発力があるマットレスはいろいろあるのですが、いろいろ比較してみてもモットンがベストだという結論に至っています。
参照)腰痛にいいマットレス選び。人気のおすすめ商品と写真付きレビュー

汚れが気になる人にはエアウィーヴ!

モットンの介護現場におけるデメリットは水洗いができないということ。
どうしても介護だと何かにつけて汚れが気になり、どうしても選択の必要性が出てくることもありますよね。
というか、それが必要な人、がいらっしゃると思います。

そういう方にはモットンだとだめで、中世洗剤で洗えるエアウィーヴのほうがいいですね。
エアファイバーという素材でありウレタンではありません。
細かい繊維が絡んだだけで水で洗ってもすぐに乾きます。
なのでそういう事情がある方には絶対的にエアウィーヴをおすすめしたいと思います。

腰痛が加速するオムツ交換やベッド移動の現実

介護はおばあちゃんやおじいちゃんと仲良くお話をしたりレクレーションをしたりなど楽しいことばかりではありません。
私が経験は今看護師として日々おじいちゃんやおばあちゃんの介護を行っていますが、自分の体への負担もとても大きいです。

私が介護の中腰への負担が大きいなと思うのはオムツ交換の時。
体が小さくて軽いおばあちゃんなら1人でもひょいとベッドからずれた体を持ち上げ整える事が出来ます。
しかし体重が重かったり体が大きい人では1人で持ち上げようとしたときに特に腰に負担がかかります。

本来その様な方には2人でオムツ交換を行い体制を整えたるするのですが、
忙しかったり他に手が借りれない人にはどうしても1人で行わなければなりません。

またオムツ交換以外ではベッドから車椅子に移乗するときなどもとても負担がかかります。
腰を軽く支える程度で車椅子に移乗出来る方ならほとんど腰に負担はかかりませんが
足腰にほとんど力が入らなく全介助が必要な方はお尻全体を両手で支える自分の力で立たせなければいけないため体を持ち上げたときに腰に負担が大きくかかります。

またどうしても腰は中腰になりがちなのでさらに負担がかかりやすくなります
なので少しでも腰の負担を減らすためになるべく腰を曲げるのではなく膝を曲げると腰への負担を減ります。

とは言えそういった対策をしても負担を0にするのは無理ですので、
体操やストレッチ、寝具によるセルフケアをしないと介護を長く続けるのは難しいと感じますね。

きっかけは祖母の介護!

祖母の介護をひととおり、去年までやっていました。
男手が昼間は全くなかったのと体の弱い母ではほとんど介助ができず、力仕事は私がやっていました。
日々の介護の中で一番腰が辛いと感じたのはやはり祖母の移動です。

その時の祖母は少しですが歩けましたのでベッドから立たせる、
もしくはベッドに横にさせる、という動作を毎日何回か行いました。
祖母は小柄なので重さはそれほどないのですが、当然力のままに勢いよく立ち上がらせるわけにはいきません。
ゆっくりと背中に手を当てて徐々に上半身を起こし、
今度は体の向きを変えて足を下ろさせたら再度体に腕を入れて立ち上がります。
この動作全てが中腰で時間をかけて行いますので、腰がかなり辛かったです。
介護して一か月も経たないうちに私は腰痛になり、最終的にはコルセットをつけて介護をしていました。

いま思えば腰痛が酷くなる前にコルセットをつけて腰を保護しておけば、
ここまで悪化することもなかったような気がします。
そして腰痛対策のためのマットレスもすぐに購入して使うべきでした。

現在祖母は入院して介護はひと段落していますが、腰痛だけはいまだに残っていてなかなか治りません。
このことがあって以来、私は介護を少しでもする人には腰に少しでも違和感を感じたら寝具によるセルフケア、
また酷い場合はすぐに病院へ行ってコルセットなり何らかの対処をするように言っています。