ホームヘルパー1級を取得するために必要なカリキュラムと勉強内容とは?

ホームヘルパー1級は230時間の研修時間で取得が可能です。
しかし1年以上(180日以上)働いた人に受講資格があるので注意が必要になります。
その内容について説明すると・・・

  • 社会福祉関連の制度とサービス(20時間)
    介護保険制度における老人福祉・保健・医療に関する制度やサービスについて勉強します。
  • 介護の方法と技術(28時間)
    認知症の介護や障害を持つ児童の介護、身体障害者や精神障害者に対する介護技術を学ぶと同時に困難事例の適切な援助方法などの検討をします。また在宅でのターミナルケアの意義や実際についても学びます。
  • チームケアとチームワーク(20時間)
    介護保険制度では異なる職種、異なるサービスが一緒になってケアを行います。そのチームケアの理解や連携方法・調整方法、問題点の克服方法などを勉強します。
  • 関連領域の基礎知識(16時間)
    ホームヘルパーがその業務において直面するレベルを中心にした高齢者・障害者(児)の医学や精神保健、歯科医療や保健の基礎知識について理解を深めます。また在宅看護についての知識を学んだり高齢者や障害者(児)についての心理学的援助についても勉強します。
  • 実技講習(62時間)
    介護技術についてさらに理解するとともに他者に教えるという作業を通して自身の介護技術の向上を目指します。またいろいろな事例を想定してホームヘルパーとしてのかかわり方や他職種との連携の仕方、困難事例の対応の仕方などを討論またはロールプレイによって学びます。
  • 実習(84時間)
    ホームヘルパー1級の実習では特別養護老人ホームなどの重介護に対応している施設や訪問看護の同行訪問をしたり、地域包括支援センターの職員と高齢者の自宅に訪問して在宅支援の総合的なあり方について勉強します。

ホームヘルパー2級を取得したときと同じように実技講習や実習も含まれています。
ホームヘルパー1級の資格に関しては2級よりもさらに専門的になります。介護の知識や技術をだけでなくサービス提供責任者(主任ヘルパー)の行う業務に関することなどを学びます。

ホームヘルパーとしてもっと幅広く仕事がしたい人におすすめです。

ホームヘルパー2級の人から「ホームヘルパー1級の資格をとって意味があるの?」とよく聞かれます。 現場でホームヘルパーとしてだけ働くのであればホームヘルパー2級の資格だけでも充分かもしれませんが、もっと深く介護保険やチームケアなどについて学びたいと思えばホームヘルパー1級の資格を取得することをおすすめします。

また正社員を目指している人なども取得しておいたほうが就職には絶対に有利です。ホームヘルパー1級しか正社員にはしないといった訪問介護事業所もあったくらいです。 なかにはホームヘルパー1級を取得して自分達で訪問介護事業所を立ち上げたりする人もいました。

給与に関しては様々ですが一般的にはホームヘルパー1級は、その責任の重さや仕事に関する専門性の深さから給料がホームヘルパー2級に比べるとよくなっています。 そのような理由から実際に私のまわりでは正社員の人はホームヘルパー1級を目指す人のほうが多くいました。

さらに、訪問介護事業所を設置するための人員基準でホームヘルパー1級などを持ったサービス提供責任者を必ず何人か置かなければならないという規定があります。また第三者評価制度というものが訪問介護所などの介護保険事業所には義務付けられていてサービス提供責任者の人数なども評価の対象になったりします。ですから訪問介護事業所としてはホームヘルパー1級とは貴重な存在なのです。

ホームヘルパー2級を取るための必要カリキュラムまとめ

ホームヘルパー2級を取得するために必要な勉強について説明します。ホームヘルパー2級では身体介護や家事援助など実際に実務に必要なものを学ぶために内容も実践的で専門的な内容になっています。就労をするためにはホームヘルパー2級の資格は必要不可欠です。もしホームヘルパー3級の資格をすでに持っている人であれば26時間の研修が免除されます。

ホームヘルパーとして実際に仕事をしたいという人であればホームヘルパー2級の資格を取ることをおすすめします。 勉強する科目と内容については次の通りです。

  • 福祉サービスの基本視点(6時間)
    福祉理念とケアサービスの意義やサービス提供の基本視点について勉強します。
  • 社会福祉の制度とサービス(6時間)
    日本における社会福祉の制度やその歴史について勉強します。
  • ホームヘルプサービスに関する知識(5時間)
    ホームヘルパーの職業倫理やホームヘルプサービス概論について勉強します。
  • サービス利用者の理解(14時間)
    高齢者だけでなく障害者(児)の心理やまた高齢者・障害者(児)の家族に対する理解について勉強します。
  • 介護に関する知識と方法(11時間)
    障害・疾病に対する理解、介護概論、介護事例の検討また住宅・福祉用具に関する知識について勉強します。
  • 家事援助に関する知識と方法(4時間)
    調理や掃除など高齢者の介護の中の家事の援助の仕方について理論を学びます。
  • 相談援助とケア計画の方法(4時間)
    ケアマネジメントと居宅介護支援、相談援助や訪問介護計画の方法について勉強します。
  • 関連領域の基礎知識(8時間)
    医学についての基礎知識、在宅看護の基礎知識、リハビリテーションの基礎知識について勉強します。
  • 実技講習(42時間)
    基本的な介護技術や訪問介護計画の作成と記録・報告の技術やレクリエーション体験学習を行います。
  • 実習(30時間)
    施設や現役のホームヘルパーに同行して実際の介護の現場を体験します。

実技講習とは、介護技術などを学んだりします。また実習とは実際に施設やホームヘルプの同行をして現場での介護を行います。 以上のすべてを受講することによってホームヘルパーの修了証を受け取ることが出来ます。

学校の様子について

私は通信教育ではなく通学でホームヘルパーの資格を取得しました。19歳のフリーターの女の子や専業主婦、失業中の男性など約20人のクラスメートとともに3ヶ月間かけて取得しました。

取得後すぐに働きたいという人から親の介護のためと言った人などさまざまな理由で受講していました。授業ですが、介護技術では実際にクラスメートを車椅子に乗せて外出したりします。また自分も車椅子に乗って他の人に「ちょっと押し方が早いよ」などと言ってお互いアドバイスをしました。

また口腔衛生の講義の時は実際にクラスメートの歯磨きをしたりもしましたが、自分の歯を磨くのと違ってずいぶん難しいものだなあと思いました。

また、先生が絶対に体験しておきなさいとある日、大人用紙おむつを私たちに渡しました。それをつけて実際に夜ふとんの上で排尿するように言われました。実際につけてみた感想ですが、心地よいものではなく日常おむつを利用している高齢者はどんな気持ちでいるのかと思うと胸が痛みました。それとともに排泄の介助やおむつ交換については高齢者の気持ちを傷つけないようにさりげなく介護することも大切だと知りました。

実習では実際にベテランホームヘルパーについてホームヘルプサービスを体験しました。最初に伺った方は家族と同居している認知症の方でした。先輩ホームヘルパーの指示に従って動こうと思うのですが、なかなか緊張してうまく行かずホームヘルプの現場の大変さを知りました。たとえば衣服の着脱など学校で習ったことも現場に出て実際にやってみると高齢者の体は硬く机上では学べないことなど多くのことを学べました。

ずいぶんいろいろな体験をしましたがあっと言う間の3ヶ月間でした。学生時代でもこんなに勉強したことがないというほど熱中して勉強しました。修了証をもらったときは本当に感動しました。なかには泣いている人もいました。こうやって一緒に過ごしたクラスメートとは今でも仲良くしています。

ホームヘルパーの資格と取り方の概要について

ホームヘルパーの資格にはホームヘルパー1級・ホームヘルパー2級・ホームヘルパー3級と3つの資格があります。ホームヘルパーの仕事をするのであればホームヘルパー2級の資格は必ず必要です。

◆ホームヘルパー2級
まず、圧倒的に取得することの多いホームヘルパー2級について紹介します。ホームヘルパーの2級の資格を取るためには130時間の研修が必要になります。実技や実習なども含まれていてそれを終了すると資格が取得できます。ホームヘルパー2級の資格を取得すると、高齢者や障害者の身体介護はもちろん家事援助などに従事することができます。

◆ホームヘルパー1級
ホームヘルパー1級では2級よりも研修時間が多く、230時間必要になります。また、1年以上(180日以上)、ヘルパーとして働いた人が受講することができます。 ホームヘルパー1級の役割としては、ヘルパー事業所においてサービス提供責任者という仕事をすることができます。

サービス提供責任者とはケアマネージャーとの連絡調整を行ったり、高齢者の介護計画を作成したり、ホームヘルパーに対する指導や教育を行う役割のヘルパーのことです。

◆ホームヘルパー3級
ホームヘルパー3級では50時間の研修が必要になります。ただ、3級では身体介護が出来ません。しかも国から介護保険の事業所に支払われる介護報酬が支払われなくなったので、就職をするのは非常に難しいといえるでしょう。現在ホームヘルパー3級を取得している方についてもホームヘルパー2級の資格を取得することをおすすめします。

※ホームヘルパーの今後
2005年に厚生労働省は介護の資格を介護福祉士の一本化にするという方針を出しました。
ですがホームヘルパーの資格を持っているからといって損になるとか働けなくなるといったことはありません。

ホームヘルパーの資格を取るために必要なこと

ホームヘルパーの資格を取るためには、ホームヘルパーの養成講座に行かなければなりません。通信または通学教育の取得が出来ます。

通信教育では何回かの通学と自宅でのレポートの作成があります。各学校によってテキストなどは違います。通信教育のメリットは忙しい人でも自分のスケジュールにあわせて勉強ができるというところにありますが、スクーリングや現場実習などは必須になります。

通学の講座ではだいたいが昼間に講義が行われているところが多いですが、なかには夜間や週末といったところもあります。 期間も最短で1ヶ月半からと各々の養成講座によってさまざまです。また、ホームヘルパーの資格は民間の企業や、学校などが行政から指定を受けて実施しています。各学校の講座が終了すると認定証が発行されます。その認定証がホームヘルパーの資格証となります。その認定証は全国どこでも通用するものです。

どうやってホームヘルパーの資格を取る学校を探すの?

ホームヘルパーの講座は、市町村や社会福祉協議会などが主催しているものや民間の会社が主催しているものがあります。 市町村の広報誌に掲載されていたり、職業安定所や社会福祉協議会などに尋ねたりしてもいいでしょう。また福祉人材センターに問い合わせるという方法もあります。民間の学校だと、新聞の折込などに入っていたりする場合があったりします。

勉強は苦手だけど取得できますか?

厚生労働省が定めているカリキュラムを終了するとホームヘルパーの資格は取得できます。そのカリキュラムはホームヘルパーとして知っておかないといけない基礎知識です。講座自体は難しいことはありませんがしっかりと頭に入れておかないといけない内容ばかりです。

体が強くないけどホームヘルパーの仕事は大丈夫?

よく介護は腰を痛めるとかいった話を聞きます。 高齢者を抱えたり移動させたりと言った仕事は介護の仕事の重要なところです。自分より体重の重い高齢者の人の入浴介助をしたりすることもあります。ホームヘルパーの資格をとるときにはベッドから車椅子への移動や体を横に向けたりなどといった基本的な介護技術を勉強します。

ボディメカ二クス

ホームヘルパーの資格を取る時に、ボディメカ二クスといって力学の原理を利用して介護をする人の負担を楽にして、そして介護される側も安全に楽に介護を受けられるという技術を学びます。このボディメカにクスは日々進歩していて、10年まえよりもさらに楽に移動や体位の変換が出来る方法が出来ています。ですからこのあたりの技術をしっかりマスターしたり日ごろから適度な運動をすることで腰痛は防ぐことができます。

力仕事以外の介護の仕事はあるの?

どうしても力仕事が出来ないといった人にも介護の仕事は可能です。在宅の介護では家事援助というものがあります。これは高齢者の自宅で料理を作ったり掃除をしたり買物の代行を務めるものです。体力には自信がないけど料理を作ったり掃除をしたりして家事をしたりするのが好きと言う人には向いていると思います。実際に、家事援助を専門にやっているホームヘルパーも大勢います。

体調を崩したら仕事はどうしたらいい?

ホームヘルパーも人間です。病気になったりケガをしたりするのはあたりまえのこと。 でも、どの仕事でも一緒ですがだれかが抜けてしまうということは、同じ職場の人にも迷惑をかけますし利用者である高齢者の方にも迷惑がかかる場合があります。
ですから健康管理はきっちりと行っていきたいものですね。

ホームヘルパーは介護の専門職!3K問題は人次第だ!

ホームヘルパーの仕事は主に、高齢者や障害者の家や施設での介護になります。
その仕事は、食事を作ったり掃除をしたりなどといった身の回りのお世話に関することや、排泄や入浴介助、または食事の介助など身体のお世話に関することになります。

病気や障害を持ったかたばかりなのでその介護にはある程度の知識が必要になります。
ホームヘルパーをしている人はホームヘルパー2級の資格であったり介護福祉士の資格を持ったひとが大多数です。
「ホームヘルパーの資格って難しそうだな」とか「資格は持っているけど出来るだろうか心配している」といった人もいるといった人も多くいると思いますが、ホームヘルパーの仕事は人から感謝されるとってもやりがいのある仕事です。

実際にホームヘルパーの仕事をやってみた感想は?

実際、こういっている私も資格を取得してから働くまではずいぶん迷いました。その当時はまだ介護保険制度がなかった頃なのでホームヘルパーという仕事がそんなにメジャーではなかったし、事務職からの転職になる私にとっては未知の世界でした。

しかし、初めてみると高齢者とのかかわりであったり、仕事に対する興味がどんどんとわいてきてすっかりホームヘルパーという仕事に魅了されてしまいました。あれから8年、介護福祉士を取得してケアマネージャーの資格も取得しました。不安も大きいと思いますが、一度チャレンジしてみることをおすすめします。

ホームヘルパーの仕事は人手が不足しています。その原因は、高齢者の増加だけでなく人気があまりないこともあると思います。ホームヘルパーの仕事はよく3Kに入るといわれています。つまり、きつい、きたない、厳しいといったイメージがつきまとっているようです。

しかし、ホームヘルパーの仕事は介護の専門職です。そしてホームヘルパーの仕事をしていて介護福祉士を取得したりケアマネージャーを取得したりとステップアップだって可能なのです。

衛生面は大丈夫なの?

たしかに、排泄の介助などがありますが、この排泄の介助ひとつにしても介護の技術が必要になります。素人では難しいのです。衛生面に関して言えば、必ず手洗いはしますし、使い捨ての手袋を利用したりして万全を期します。介護のプロである私たちは衛生管理についてもしっかりと勉強しているので大丈夫なのです。 そして、腰を痛めたりしないようにしっかりとした介護技術も持っています。

勉強する機会も多い介護業界

あと職場によっては介護職員に対しての勉強会などがたくさん開催されています。介護の技術だけでなく医療の知識も多少は持っておかなければなりません。それに対してもフォローアップも行われているところが多くあります。

といったわけでホームヘルパーの仕事はただ単に3Kというわけではありません。悪いイメージはついてしまっていますが、現場で働くヘルパーたちはこの仕事に誇りを持って働いている人が大多数です。それは専門職であるから、そして高齢者や障害者のために働くという使命感があるからです。

ホームヘルパーの仕事をしたいけどいろいろ不安がある方も多いと思いますが、専門職としてステップアップできたり他人から感謝されたり、高齢者からいろいろなことを教わったりなど得るものが多いのがホームヘルパーの醍醐味と言えるでしょう。

一番つらいお風呂の介助、腰痛から慢性的なしびれも。

要介護3現在62歳の実母を介護しています。
母は59歳の時に脳出血(左視床下部付近破裂)手術できない部位ということもあり薬で血の塊を溶かしていくことしか出来ませんでした。

3日間ICUで眠り続け、目を覚まして待っていたのは右半身の全麻痺です。
急性期リハビリでは座位を確保することも出来なかった母ですが、
回復期リハビリを終えて自宅に帰ってくる頃には、
装具を付けて四点杖でかなりゆっくりですが歩行できるようになりました。

母を介護する前は腰痛とは無縁でしたが、
今は慢性的に痛くて右利きだからか右側部から右足付け根にかけてしびれが生じている状態です。

一番辛いのはお風呂の介助でしょうか、
平日はヘルパーさんに来てもらったりデイサービスで入ってもらってますが休日は私が担当です。

右半身が全く効かない人を支えるのは腰に来ます、
「転倒させてはいけない」という心理が働いているのかもの凄く集中して介助しています。

上半身を洗うのは楽なのですが下半身は腰を丸めますし、
裸の母を一度立たせてお尻や太もも裏を洗う作業が堪えます。

浴槽に入れる時と出る時が一番神経を使います、
滑り止めは付いているのですが感覚が麻痺しているので母も怖いのかがっちり私の腕を掴んできます
そうなるとグッと堪えるのに下半身で構えるので、痛めている腰を更に痛めてしまう悪循環に陥っています。

ベッドから起き上がらせる時に走った腰の痛み

腰が少し痛いなと思っていた時に、義父を介護していて感じた腰痛の悩みです。

ベッドで横になっていた義父を起き上げるときに感じました。
私自身の腰に負担をかけないようにと思い、ベッドのリクライニングの頭の部分を一番上にあげました。

そして起き上がらせようと背中に腕を回し、せーので持ち上げようとしました。
しかし、義父は全く力が入らずに、私だけの力で起こすことになりました。
この時に、腰にキツイ痛みを感じました。

一瞬でしたが起こすのを途中でやめてしまうと義父が倒れてしまいます。
痛いながらも離さずに起こしました。
今までで感じた中で最大の痛みでした。

特に腰痛を感じたのはこの時だけでした。
起こした後に車いすに座らせました。
しかしその時は膝のクッションも利用して腰に重みがかからないようにしたので、痛みはありませんでした。

義父は自分の力では立つことは出来ません。
手すりを持っても立てません。
しかし、介助があれば何とか移動は可能です。

このまま同じ体勢で介護を続けるともっと腰を悪くしてしまいそうです。
介護が始まってから腰痛も始まりました。
下の子はまだ抱っこをしてほしがるので、これも注意が必要です。

車いすからベッドへの移動、ベッドから車いすへの移動、トイレの介助では、私は腰痛はありません。

入浴介助を筆頭に、全ての業務で腰痛を感じる看護助手の現場

介護職をはじめて、7年目です。
私は介護というよりは、病院の脳外科病棟の看護助手です。
仕事の内容は、おむつ交換、清拭、食事介助、トイレ介助、入浴介助など、生活支援が多い感じです。

腰痛を感じるのはほぼ毎日です。
脳外科なので、生活習慣病による肥満の患者も少なくなく、通常2人でやるおむつ交換、清拭を3人でやることもあります。
ベッドの高さを調節してもやっぱり腰への負担は変わりません。
なかなか1人で動くのも困難な患者ばかりなのでやはり他の病棟にくらべたら負担は大きいと思います。

入浴介助も寝たきりの患者が多く、寝たまま入れる寝台入浴機械があります。
ベッドから入浴機械に移動させ、その上で体や髪を洗いますが、スペースが狭く、体の向きを変えるときに腰痛を感じます。
入浴が終わり、またベッドに戻るときに腰痛を感じます。

ボディメカニクスという重心のかけ方の移動というのがあります。
重心をうまくかければ、腰痛は防げる、もしくは最小限にとどませることが出来ると思います。
痛みを感じたらすぐ、病院に受診したり、マッサージ店へ行くなどして自分の体のメンテナンスも腰を守ることには重要です。
腰痛は無駄な力がかかっているとも思われています。
正しい技術の習得が腰痛を緩和させる第一歩だと思います。