一番つらいお風呂の介助、腰痛から慢性的なしびれも。

要介護3現在62歳の実母を介護しています。
母は59歳の時に脳出血(左視床下部付近破裂)手術できない部位ということもあり薬で血の塊を溶かしていくことしか出来ませんでした。

3日間ICUで眠り続け、目を覚まして待っていたのは右半身の全麻痺です。
急性期リハビリでは座位を確保することも出来なかった母ですが、
回復期リハビリを終えて自宅に帰ってくる頃には、
装具を付けて四点杖でかなりゆっくりですが歩行できるようになりました。

母を介護する前は腰痛とは無縁でしたが、
今は慢性的に痛くて右利きだからか右側部から右足付け根にかけてしびれが生じている状態です。

一番辛いのはお風呂の介助でしょうか、
平日はヘルパーさんに来てもらったりデイサービスで入ってもらってますが休日は私が担当です。

右半身が全く効かない人を支えるのは腰に来ます、
「転倒させてはいけない」という心理が働いているのかもの凄く集中して介助しています。

上半身を洗うのは楽なのですが下半身は腰を丸めますし、
裸の母を一度立たせてお尻や太もも裏を洗う作業が堪えます。

浴槽に入れる時と出る時が一番神経を使います、
滑り止めは付いているのですが感覚が麻痺しているので母も怖いのかがっちり私の腕を掴んできます
そうなるとグッと堪えるのに下半身で構えるので、痛めている腰を更に痛めてしまう悪循環に陥っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です