体が強くないけどホームヘルパーの仕事は大丈夫?

よく介護は腰を痛めるとかいった話を聞きます。 高齢者を抱えたり移動させたりと言った仕事は介護の仕事の重要なところです。自分より体重の重い高齢者の人の入浴介助をしたりすることもあります。ホームヘルパーの資格をとるときにはベッドから車椅子への移動や体を横に向けたりなどといった基本的な介護技術を勉強します。

ボディメカ二クス

ホームヘルパーの資格を取る時に、ボディメカ二クスといって力学の原理を利用して介護をする人の負担を楽にして、そして介護される側も安全に楽に介護を受けられるという技術を学びます。このボディメカにクスは日々進歩していて、10年まえよりもさらに楽に移動や体位の変換が出来る方法が出来ています。ですからこのあたりの技術をしっかりマスターしたり日ごろから適度な運動をすることで腰痛は防ぐことができます。

力仕事以外の介護の仕事はあるの?

どうしても力仕事が出来ないといった人にも介護の仕事は可能です。在宅の介護では家事援助というものがあります。これは高齢者の自宅で料理を作ったり掃除をしたり買物の代行を務めるものです。体力には自信がないけど料理を作ったり掃除をしたりして家事をしたりするのが好きと言う人には向いていると思います。実際に、家事援助を専門にやっているホームヘルパーも大勢います。

体調を崩したら仕事はどうしたらいい?

ホームヘルパーも人間です。病気になったりケガをしたりするのはあたりまえのこと。 でも、どの仕事でも一緒ですがだれかが抜けてしまうということは、同じ職場の人にも迷惑をかけますし利用者である高齢者の方にも迷惑がかかる場合があります。
ですから健康管理はきっちりと行っていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です